【Python3】【WordPressAPI】WordPressの全カテゴリ情報を取得

[スポンサーリンク]


Word Press API


WordPressは、RESTAPIを提供しています Pythonで、WordPressのRESTAPIを使ってみます

Reference | REST API Handbook | WordPress Developer Resources
The WordPress REST API is organized around REST, and is designed to have predictable, resource-oriented URLs and to use HTTP response codes…

投稿情報の取得


List Posts APIを使用して、投稿に関する情報を取得しました
List Postsでは、カテゴリやタグはIDのみ取得で、名称が取得出来ません
今回は、カテゴリの情報を取得して、投稿に紐づけられているカテゴリ名を取得します

【Python3】【WordPressAPI】WordPressの全投稿(全記事)を取得
Word Press APIWordPressは、RESTAPIを提供していますPythonで、WordPressのRESTAPIを使ってみます投稿の情報を取得 List Posts ...

[スポンサーリンク]


カテゴリの情報を取得 List Categories API


WordPressのRESTAPIを使って、全カテゴリの情報を取得します
カテゴリの情報を取得するには、List Categories APIを使います

Categories | REST API Handbook | WordPress Developer Resources
Schema The schema defines all the fields that exist within a category record. Any response from these endpoints can be expected to contain…

パラメータ


List Categories APIのパラメータは以下です
各項目について、メモを残しておきます
記載内容一切保証出来ません

項目名個人的メモ
context取得対象を選択。view, embed, editから選択
page取得するページ位置を指定
per_page取得するカテゴリ数を指定
search取得するカテゴリの検索ワードを指定
exclude対象とするカテゴリのIDを指定
include対象外とするカテゴリのIDを指定
orderソート順序を指定。asc, descから選択
orderbyソート方法を指定。id, include, name等から選択
hide_empty投稿に紐づけられていないカテゴリを表示しない場合設定
parent取得するカテゴリの親カテゴリを指定
post取得するカテゴリの紐づけられている投稿を指定
slug取得する記事のスラッグを指定

サンプルコード


・categoriesのエンドポイントを設定

・categoriesのエンドポイントのヘッダー情報を取得
 List Categoriesのレスポンスは、ページングで返ってきます
 そこで、ヘッダー情報から総ページ数(X-WP-Total)をまず取得します
 そして、総ページ数分リクエストをすることで全記事情報を取得します

・レスポンスの総ページ数を取得

・総ページ数分のList Categoriesのレスポンスを取得

・categoriesのエンドポイントのレスポンスを取得

GETリクエストは、初期設定では認証等は不要です
今回はサンプルコードとして、全カテゴリのidと名称を取得してみます


サンプルレスポンス


1カテゴリ分のList Categoriesのレスポンスは以下です

レスポンスには、idや名称以外にも、紐づけられている投稿数やslugも含まれています
次回は、タグの情報を取得したいと思います

[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]
▼オンラインで、初心者のプログラミングへの挑戦も、SE職のスキルアップも▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました